2017年8月10日木曜日

回転木場

ボルボの自動ゴミ収集車ってのも不思議な感じしますね。ま、実直な国民性というのは表れているのかな。(移民除くw)

「あなたはどこの国の総理ですか?」( ・ิω・ิ)  (∩ ^ิД^ิ ;) b( ゚з ゚ )  (  ) (  )シ~ン
CSISパペッツが必ず突きつけられる、素朴かつ深淵なる疑問であるなw なぜ今まで無条件に忖度され続けとるのか?
日本が無条件降伏したから。その歴史も違わんが。そもそもグローバリストが国の代表なんてことは矛盾している。
裸の王様の物語は、アホの王様がすっかり周囲に騙されてて草ってことにあらず、王様は裸であろうが王様なのだってことだろう。
社会的成功者が、必ずしも裸の王様になれるわけでもない。てか、そんな人こそ真の成功者と言えよう。
裸は常に男の原点にして試金石。そこに燃えるような意思はあるか、ということに尽きる。
江戸の町民と共に死す覚悟の徳川家康は今尚真のBOSSである。トランプだってそうなれるよ。長いものがBOSSにあらず。
武士は己を知る者の為に死す。昨今の我が国の防衛態勢を巡るイザコザも、そこらへんに帰結しておるのだ。

さて、日本のマツダが敢えて次世代ガソリン車をアピールした。
まぁ燃費が二、三割向上と言えば、マトモな競争社会では非常にインパクトの強いもののハズであるが。
もちろん、EVシフトゴリ押し圧力も強力なグローバル市場において、”窮鼠猫を噛む”行為でもあろう。
これだって、再稼働ありきで異常気象の温暖化だけに着目して、寒冷化はガン無視になんの正当性もない。自民党エネルギー政策
日本政府モドキもまさかイルミナティ株式会社が降りるとは思わなかったんだろう。それが例の麻生発言なのであるが。
それが、「てめぇはどこの国の私設大臣モドキなのだ?」<●>ということなのだが。
京都定に一人反旗を翻したBOSSは、旗色の悪い良き理解者、ということか。
内燃機関には、それはそれで石油屋が付くということでもあるだろうし。
これはロックフェラー(石油)vsロスチャイルド(原発)の代理戦争と見ることも出来るが。
まぁ、技術的には内燃機関vs燃料電池&電気自動車てな図式にもなろうが。。
エネルギーとしての質の良さは電気に軍配が上がるが、蓄電というのは難しいんだね。
EV促進には、草の根蓄電という電力供給上の大義名分が”発電方式に依らず”存在する。
テスラモーターズも原発屋とは一線を画すと宣言したようなもんだしね。
何年か前、「画期的な蓄電方式を発明出来たら、まず世界で何番目かってな金持ちになれますぜ」ってな予言をしたのはそういうことだが。
発電をエンジンで行うといったハイブリッド型もあり一筋縄ではないが、そこが工夫のしどころといった醍醐味もあるのだろう。

今では物理とか、難しいことはあまり考えたくもないのだが、今でも物性というのは不思議だなと思う。
掃除とか塗装メンテナンスなんてやると、余計にそう感じるよね。(もう一段楽ついていますが)
そもそも全ての物質は、原子核の周りを電子が回っとるということに違いはない。
ただ、その個数とスピードが違うだけなのである。
それでなんで物性の違いが生汁わけ?というのが、昔からの素朴かつ深淵な疑問なんである。
そもそも、原子核や電子というのはそういうモデルで考えられてるというだけのことで、本当のところがわかっているわけではない。
水分子の場合は、元素がヤジロベーのような形に連結して、それで自転の内部エネルギーがすなわち比熱の高さということか。
などと、形状からそれなりの筋道を考察することは出来るが。溶かす(巻き込み)という機能にも影響してそうである。
ではなぜ、ある物質は有害(生体反応有)で、ある物質は無害(生体反応無)なのだ?などとなるとお手上げである。
これも”抗体”のような鍵と鍵穴のような関係になるのであろうが。


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 コメント :

コメントを投稿