2017年8月3日木曜日

雨水処理改

すっかり夏休みモードに入ってますが。
神奈川にしては珍しく猛烈な雨に降られるし、久々に大き目の地震はあったし。(この時は東京に居たのだが。)
普段は何事も60点主義なのであるが、家屋にとって水は本当に怖いものだ。もう少し真剣になんとかしなければ。。
ということで、去年インスタントコンクリで雨樋からの排水は多少なりとも改善したのでそれなりに満足していたのだが。
大雨の時に見てみると、全ての雨水の排水はまぁまぁ機能しておったが、(水浸しで)何カ所かダメなところがあった。
二階の雨樋からボタボタ落ちてしまうのは、自力ではなんともならんのでとりあえず出来るところから。
ということで、今日は午前中は曇りで気温もそう上がらない予想なので、そのような作業をする予定。

今の季節、一番気をつけなければならんことは体力面で、睡眠不足、栄養や水分不足という状態で炎天下で作業しないこと。
若い頃ならいざ知らず、保水能力や代謝能力が格段に落ちているのであり、これは作業に多少の慣れがあろうが関係ない。
さて、まず桝設置まではいかないのだが少し穴を掘って、レンガで雨水を誘導しているところは家に対して逆流してこないようにしたい。
これはもう少し、池(?)の面積を拡張してブロック側の土手を削るしかない。(これが意外と困難。。)
将来、桝も設置するかもしれないが、いずれにせよ土手など不要なものは撤去せねばならんのだ。
草も適当に刈ってはいるのだが、あっという間にすぐまた生えてくる。
水はけというのも影響しているような気がする。
お隣は空き地で草が生え放題なので、繁殖もしやすいんだね。
防音工事の際に設置した室外機も、敷石を踏んでいるのでこれもやり直す。

お次は、敷石をノミで削ってコンクリの方へ誘導している箇所であるが、これはそもそも深さがないので効果もあまりなく気休め程度である。
だが、こちらの脇が水浸しになっていたので、ここはもう少し排水率を高くすることが急務である。
やってみてわかったのだが、石を削るという作業は本当に根気の要る作業で、こればかりは効率がどうのと言ってられないような。
やはり前回と同じく、トンカチとノミという王道(?)で体力の続く限りやるということで。
これも以前は無頓着であったが、破片が飛んだりするので大袈裟に感じてもマスクやゴーグルを着用するのが正しいんだろう。
なんとなれば、アーチ状の瓦のようなもので塞いでまうという手も。。

あと建物の方へ流れてこないように、石をふるいにかけて集めて配置しようかと思う。これも何気に大変だろうね。
まぁ要するに、たとえ小規模であろうとも土木作業は大変になるわけで、あと数十年したら出来なくなるんだろうなと思う。
それだけに”今”という時間を無駄に過ごすわけにもいかんよな~。


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 コメント :

コメントを投稿