2014年4月30日水曜日

検定交雑

もうGW中は休みでエエわ! こういう時に中途半端にやるってのはな。。 しょうがないから、先日言ってた連鎖がらみの話で。 連鎖があるかどうかって、どうやって調べるんだ?というのを。(ちなみに先日の話は連鎖の”推定”だからね) これには 検定交雑 という方法があるそうで。 ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月28日月曜日

形質ベクター相関

さて、先週遺伝子の相関などというお話になってしまったので、ちょっとテクニカルな話もしなければ。 その前に、いささか直観的に使ってしまった、遺伝子の独立性という言葉と相関(アリ)ってのは矛盾しないのかってところをクリアにしよう。 そこで思い出されるのが、”線形代数”で学んだこと...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月25日金曜日

薔薇の十字架 その64

「しかし、兄弟たちよ。 あなたがたは暗やみの中にいないのだから、その日が、盗人のようにあなたがたを不意に襲うことはないであろう。 あなたがたはみな光の子であり、昼の子なのである。 わたしたちは、夜の者でもやみの者でもない。 だから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月24日木曜日

薔薇の十字架 その63

「主はこう言われる、「知恵ある人はその知恵を誇ってはならない。 力ある人はその力を誇ってはならない。 富める者はその富を誇ってはならない。 誇る者はこれを誇とせよ。 すなわち、さとくあって、わたしを知っていること、わたしが主であって、地に、 いつくしみと公平と正義を行っ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月23日水曜日

薔薇の十字架 その62

「万軍の主は言われる。 彼らはわたしが手を下して事を行う日に、わたしの者となり、わたしの宝となる。 また人が自分に仕える子をあわれむように、わたしは彼らをあわれむ。 その時あなたがたは、再び義人と悪人、神に仕える者と、仕えない者との区別を知るようになる。」マラキ書より ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月22日火曜日

薔薇の十字架 その61

「あなたがたは、すべて牛、羊、やぎの脂肪を食べてはならない。 自然に死んだ獣の脂肪および裂き殺された獣の脂肪は、さまざまなことに使ってもよい。 しかし、それは決して食べてはならない。 だれでも、火祭として主にささげる獣の脂肪を食べるならば、これを食べる人は民のうちから断たれ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月21日月曜日

薔薇の十字架 その60

「わたしは、あなたが世から選んでわたしに賜った人人に、み名をあらわしました。 彼らはあなたのものでしたが、わたしに下さいました。そして、彼らはあなたの言葉を守りました。 いま彼らは、わたしに賜ったものはすべて、あなたから出たものであることを知りました。 なぜなら、わたしはあ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月18日金曜日

薔薇の十字架 その59

「十字架の言葉は、滅び行く者には愚かであるが、救いにあずかるわたしたちには、神の力である。 すなわち、聖書に、 「わたしは知者の知恵を滅ぼし、賢い者の賢さをむなしいものにする」と書いてある。 知者はどこにいるか。学者はどこにいるか。この世の論者はどこにいるか。 神はこの世...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月17日木曜日

薔薇の十字架 その58

「見よ、わたしはわが使者をつかわす。 彼はわたしの前に道を備える。 またあなたがたが求める所の主は、たちまちその宮に来る。 見よ、あなたがたの喜ぶ契約の使者が来ると、万軍の主が言われる。 その来る日には、だれが耐え得よう。そのあらわれる時には、だれが立ち得よう。」マラキ書...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月16日水曜日

薔薇の十字架 その57

「ああ、わたしの敵の書いた告訴状があればよいのだが。 わたしは必ずこれを肩に負い、冠のようにこれをわが身に結び、 わが歩みの数を彼に述べ、君たる者のようにして、彼に近づくであろう。 もしわが田畑がわたしに向かって呼ばわり、そのうねみぞが共に泣き叫んだことがあるなら、 もし...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月15日火曜日

薔薇の十字架 その56

「さてソロモンは主の名のために一つの宮を建て、また自分のために一つの王宮を建てようと思った。 そしてソロモンは荷を負う者七万人、山で石を切り出す者八万人、これらを監督する者三千六百人を数え出した。 ソロモンはまずツロのヒラムに人をつかわして言わせた、 「あなたはわたしの父ダ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月14日月曜日

薔薇の十字架 その55

「『この民に行って言え、あなたがたは聞くには聞くが、決して悟らない。 見るには見るが、決して認めない。 この民の心は鈍くなり、その耳は聞こえにくく、その目は閉じている。 それは、彼らが目で見ず、耳で聞かず、心で悟らず、悔い改めていやされることがないためである』。」使徒行伝よ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月11日金曜日

薔薇の十字架 その54

「いと高き者のもとにある隠れ場に住む人、全能者の陰にやどる人は主に言うであろう、 「わが避け所、わが城、わが信頼しまつるわが神」と。 主はあなたをかりゅうどのわなと、恐ろしい疫病から助け出されるからである。 主はその羽をもって、あなたをおおわれる。 あなたはその翼の下に避...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月10日木曜日

薔薇の十字架 その53

「悪しき人は一生の間、もだえ苦しむ。 残酷な人には年の数が定められている。 その耳には恐ろしい音が聞こえ、繁栄の時にも滅ぼす者が彼に臨む。 彼は、暗やみから帰りうるとは信ぜず、つるぎにねらわれる。」ヨブ記より 渦中の小保方氏の会見とか、なんだか大騒ぎしてましたな。 い...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月9日水曜日

薔薇の十字架 その52

「種まきは御言をまくのである。 道ばたに御言がまかれたとは、こういう人たちのことである。 すなわち、御言を聞くと、すぐにサタンがきて、彼らの中にまかれた御言を、奪って行くのである。 同じように、石地にまかれたものとは、こういう人たちのことである。 御言を聞くと、すぐに喜ん...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月8日火曜日

薔薇の十字架 その51

「 あなたがたは主に対して何を計るか。 彼は二度としかえしをする必要がないように敵を全く滅ぼされる。 彼らは結びからまったいばらのように、かわいた刈り株のように、焼き尽くされる。 主に対して悪事を計り、よこしまな事を勧める者が あなたのうちから出たではないか。」ナホム書よ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月7日月曜日

薔薇の十字架 その50

「彼らは言う、「あなたがたは説教してはならない。 そのような事について説教してはならない。 そうすればわれわれは恥をこうむることがない」と。 ヤコブの家よ、そんなことは言えるのだろうか。 主は気短な方であろうか。これらは主のみわざなのであろうか。 わが言葉は正しく歩む者...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月4日金曜日

薔薇の十字架 その49

「万軍の主は言われる、 「つるぎよ、立ち上がってわが牧者を攻めよ。 わたしの次に立つ人を攻めよ。牧者を撃て、その羊は散る。 わたしは手をかえして、小さい者どもを攻める。 主は言われる、全地の人の三分の二は絶たれて死に、三分の一は生き残る。 わたしはこの三分の一を火の中に...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月3日木曜日

薔薇の十字架 その48

「その主権は永遠の主権、その国は世々かぎりなく、 地に住む民はすべて無き者のように思われ、 天の衆群にも、地に住む民にも、 彼はその意のままに事を行われる。 だれも彼の手をおさえて「あなたは何をするのか」と言いうる者はいない。」ダニエル書より なんか気が重い。。 ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月2日水曜日

薔薇の十字架 その47

「伝道者は言う、空の空、空の空、いっさいは空である。 日の下で人が労するすべての労苦は、その身になんの益があるか。 世は去り、世はきたる。しかし地は永遠に変わらない。」伝道の書より 「なんか用か?」<●>π げぇ~~~~!!厳密に言えば呼んでませんがなっ!(( ゚д゚...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月1日火曜日

薔薇の十字架 その46

「そのためユダヤ人たちは、安息日にこのようなことをしたと言って、イエスを責めた。 そこで、イエスは彼らに答えて言われた、 「わたしの父は今に至るまで働いておられる。わたしも働くのである。」 このためにユダヤ人たちは、ますますイエスを殺そうと計るようになった。 それは、イエ...
このエントリーをはてなブックマークに追加