2014年2月28日金曜日

未来絶望日記

昨日は思わず感情的になってしまったが、測りを作るのと測るのは別の作業だから、測る時は計測対象にピタッと合わせるのは当然か。。 一応本人が編み出したメジャーだし、学士論文でこうすりゃいけるんじゃねーか?と言っとるだけで。 コルモゾルフ、よくフランス語の論文読めたな、とそこに感心...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月27日木曜日

裏切りの石畳処刑

ビットコイン撃沈w だから早めに軍門に下っとけと忠告しといてやったものを!m9(o_o) てか、詐欺としては大成功だったってか? (・ਊ ・) さて、近傍の開集合というのはジャンクDNAというものに非常に似ているのかも。。 (カントール集合において)いらねーと思って切り捨...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月26日水曜日

キュビト的な物差し

意外と被覆という概念はわかったけど、それが測度としてどれほど有用なのかってのは未知数だな。。 ちょっと先取りしちゃいますが、ルベーグの外測度の定義は、m( A ) = inf{Σ| I k |; I k は区間の直積、 A ⊂∪ I k }だそうで。 ここらへんは、シグマ代数...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月25日火曜日

ハイネーボレルの雨傘

測度には 外測度 と 内測度 があるらしい。 これは、先日の外延量(m( A ⋃ B ) = m( A )+( B ) )と内包量(m( A ⋃ B ) ≦ m( A )+( B ))の測度を区別するってことかね?ま、多分そうだ。 *違うっぽいw では、まず外測度から...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月24日月曜日

不等明な真実

先週のカントール軍曹の集合は、(有理な)実数列として有望そうだったが、そもそもこれで長さや面積が定義できないということであった。 要するに、それが測度0ということらしいのだが。。? そもそも有理数というのは、少数に直せば無限小数になったりするわけで、これは点に収束していると考...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月21日金曜日

精神異常数学者かく語りき2

近傍( a - δ , a + δ)は開区間になるらしい。 (両端に)値を含まないからってことなんだね。 それでいいのか?ってちょっと不安になるけど、重なる分にはいいのか。。 近傍は互いに素ではなくなるが、、微妙。。 なんか、やっぱり余計なところで苦戦しちゃってる気もする...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月20日木曜日

私の愛した次元

大雪というは、なんとか大丈夫そうですかなっ! ( ゚д゚)クワッ 無限獣たん、いい子でちゅね~。o(ФAФo)ヾ(o_o)ナデナデ さて、また本筋に戻すとして。ちと困ったことが。。 てか、それこそが問題の核心のような希ガス。 それは線(1次元)は点(0次元)の集合な...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月19日水曜日

双頭素型テイル

また雪になりそうだね~。パンがないなら山崎をお食べというわけかねっ?(ω・。)クルッ いや経済的な被害も大きいし、ちょっとなるべく無限獣を刺激しないよう慎重にやりますか。。 小売というのは、あくまでも消費者の代行に過ぎんわけで。。 公理も神の代理という意味では同じかも知れん...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月18日火曜日

震える集合細胞

素数のような(互いに素である)素集合とそのベキ集合2 Ω の線型性が、オートマタ記号列をなすというような新たな描像は心強い。 状態と入力を受けて、遷移状態を返すという遷移関数を再帰的に呼び出せば、それはもうオートマシンとして機能するのだ。 集合論が、ルベーグ積分、オートマトン...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月17日月曜日

無限獣素還元

イ、イカン。二度目のシュネーシュトロム警告が(^^; いや、それだけ無限獣がイヤがっている、ということでは?( ゚д゚)クワッ ここは強気の安倍心臓??? てか、キリヤマ隊長曰く「地球の平和は我々自らの手で守らねばならんのだ!」 (・`ω´・σ) ですからなっ! 皆の衆に...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月14日金曜日

無限獣包囲網

今日はバレンタインなん?何かくれぃッ!(Φ∀Φ)屮 さて、実数とは有理数と無理数を合わせたものだそうで。 有理数とは、整数比で表すことの出来る数だ。 πとかは整数比で表すことは出来んのだね。 (代数的でない、超越数なるもののようで。。) 実数に限らず、無限個の要素を足...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月13日木曜日

限りなく有限な森

昨日の続きだけど、確率ならおkって話なんだろうか? 確率密度関数の母関数ってのが、無限可算集合の濃度ってことか?<●> それなら1に正規化することで、無限を確定させるわけか?! てか、そんな大事なことなら、とっとと声を大にして教えてくれよって感じなんだが。。 危うく勇み...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月12日水曜日

高々アッピンの赤い微笑

ある集合Aの、”すべての部分集合からなる集合”を ベキ集合 2 A と言うそうで、濃度は集合Aより濃くなるそうだ。 (なんで2なの?ってのはありますが。。) そのベキ集合の部分集合全体をなどとやると、濃度も無限に濃くなるという。。 ℵ 0 <ℵ 1 <ℵ 2 &...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月10日月曜日

非可算なシュネーシュトロム

Guten morgen! Wie geht es dir~( 'д')彡ペチム☆)Д´) ア"- あの棒の先のコイルにパン生地をひっかけて、直火で焼くワイルドなパンはカワユスな~。 なんかキャンプっぽいな。てか、共産圏っぽい! ( ゚д゚)クワッ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月7日金曜日

精神異常数学者かく語りき

。。ほぉ、それで?<●> 「一対一対応が数えるということの本質であることは、疑いようがありません。 ですが、それだと全体(集合)と部分(集合)が同じという矛盾した結果が得られる。 だから矛盾の生じる無限というものを扱ってはならん、と。。」 実は、彼の説明している間、な...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月6日木曜日

アペイロンの崖縁

リーマン積分可能な関数には、その条件があるらしいとの情報を得た。 それは「原始関数および積分区間が 有界 で、関数の不連続点の集合が たかだか可付番無限個 ならばおk」というものである。 残念ながら、これを完全に咀嚼出来るだけの数学的読解力が、今はない。 まぁ、とにかく条件...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月5日水曜日

無限獣ウォール

いきなり寒くなってきたね~。 なんか、魔界に対する心理的なものなのかと思いきや、ホントに気温下がるのな。 しかも地球の比熱を考えたら恐ろしいまでの勢いで。 これも、ここに立ち入ることに対するヤツの警告なんだろうか? 極地的な寒さなどと言いますが、こりゃ長居も出来んかな。。...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月4日火曜日

伏魔殿へのパスポート

あ、申し遅れましたがルベーグ積分というのもメニュー化しました。 これをメニュー化するというのは予定外でしたが、なんか現代数学では欠かせないものになっているようなので。。 いきなりルベーグ積分などという、いかにも天下りというか、言わばネーミングがネタバレになっている感じがイヤで...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月3日月曜日

原初神数生群

STAP細胞とやらは、RNAの自己増幅能を示してるんですかね~? だとしたら、あの方の予言が。。。。 (『言っただろう。ベクターは種の進歩をもたらす、と。 近代の科学技術の発展が、地球人類によってもたらされたとでも? 何十万年も目覚めない愚かな種が、ある時点で突然高度な文...
このエントリーをはてなブックマークに追加