2012年2月29日水曜日

抗体マフラー

この図は見覚えあるかもしれないが、*リンク切れだす。で膜貫通タンパクを見たところだ。 免疫絡みということで、B細胞受容体(BCR)をキーワードにして昨日の PDBj を検索し、FASTAデータ部(先頭行を除くアミノ酸配列)をsosuiのクエリとして入力した結果である。 この...

2012年2月28日火曜日

炎症マーカー蛋白

免疫学をやりだした時から、なんとかバイオインフォマティクスと絡めたいとは思っていたのだが、どうも取っ掛かりが掴めん。 そもそもDBとかどんなものがあったのか、すっかり忘れてる。 自分にガッカリ。。orz 図はやっと出したんだけど、なんのこっちゃだよね。 これは、C反応性...

2012年2月27日月曜日

テーマ修正

免疫回避機構というのは、それ自体研究対象になってるようで、そんな簡単にわかるもんでもないみたい。 甘かった。 とはいえ、私が注目しているサイトメガロウイルスだけに限って言及すると、m157というMHC様分子を産生する、というのが”なんで免疫を逃れられるの?”っていう答えにはな...

2012年2月24日金曜日

免疫回避

ウイルスには免疫回避機能をもったものがあるそうな。 といっても、まだよくわからないので内容には踏み込めませんが、弱いウイルスってくせものなんじゃないかって思いますね。 例えばヘルペスなんて過半数のヒトに感染していて、一生そのままらしいですけど非常に気になります。 エイズウイ...

2012年2月23日木曜日

ベーチェットsnp

ベー発症患者には、IL10、IL23R もしくはIL12RB2というサイトカイン遺伝子の変異(SNP)が見られることを、世界に先駆け日本が解明しているそうな。 *リンク切れだす。 やはり、こういうやっかいなものに粘り強く取り組むというのは、相対的に日本人が向いてそうですね~。...

2012年2月22日水曜日

腸内細菌

腸内環境を整えようと、普段は摂らないヤクルトやヨーグルトなんぞを口にしている。 腸内細菌も免疫に寄与してるんだよね? 腸っていうのは、脳から独立した思考能力を持っているみたいだし、特別な器官だよね。 Th17細胞というのは、ヘルパーT細胞の分化形態のひとつで、自己免疫疾患...

2012年2月21日火曜日

自然免疫系の免疫寛容

昨日は、T細胞に免疫寛容という仕組みが備わっていることを学んだ。 私は直感的に、ベーは自然免疫系の抗原提示がおかしいことになっているのでは?と考えた。( 'д') だが、T細胞には免疫寛容があるので、間違った抗原提示を受けても無分別に自己を攻撃することはなさそうだ。 (もち...

2012年2月20日月曜日

免疫寛容

いきなり免疫学の中身に入ってしまうと、どうしても混乱しがちなので(少なくとも私は)トピックス的な話題でのらくらしてたのですけど、慣れのようなものは出てきたかなと思うので、免疫学も本来の疑問にフォーカスする形で進めましょう。 ここ最近、免疫学をテーマにしているのは、自分の疾患(...

2012年2月18日土曜日

遺伝子シャッフル

金曜に更新し損ないまして遅れました。 のどに違和感があったり、くしゃみとかが出る。 ウイルスがそこかしこに蔓延してそうです。 インフルエンザウイルスは、ヘマグルチニン(H)という突起部分が、細胞表面にアンテナのように伸びている糖鎖に結合することによって細胞に結合する。 ...

2012年2月16日木曜日

免疫特権

今日は久々に買い物に出れてうれしかった。 粉雪がチラチラ舞ってましたね。 体には、炎症を起こさないように免疫を抑制しようとしている部位があって免疫特権部位と呼ばれているらしい。 どうも、ベーは免疫特権が剥奪されている状態のように思えるな~。( 'д') 免疫特権部位には...

2012年2月15日水曜日

免疫系ヒト化マウス

制御性T細胞というものがあるらしい。 マイナビニュース記事 免疫学は日進月歩で塗り替えられているのですね。 このように免疫系の研究が進むのも、マウスによる寄与が大きい。 人でホイホイ実験するわけにはいかないからね。 このような研究ではノックアウトマウスという、ある遺伝...

2012年2月14日火曜日

補体

補体という聞き慣れない物質(タンパク質)があり、免疫に関与しているらしい。 普段は非活性だが、抗原が抗体に捉えられると活性化するようだ。 *ちなみに、活性化は化学的にはリン酸化のことで、プロテインキナーゼという酵素による作用。 活性化した結果、何をもたらすかといえば白血球の...

2012年2月13日月曜日

クローン選択説

免疫学もやる気があるんだか、ないんだか。。 まぁ、まだまだ疑問は残るので焦らず懲りず追いかけるとしますか。( 'д') 抗体は抗原の種類だけ存在しなければ防御しきれないと思うが、はたしてどんな抗原とも一対一対応している抗体が存在しているらしい。 抗原をひとつの鋳型と考えれ...

2012年2月11日土曜日

ネットスーパー

最近は買い物に出れないので、もっぱらネットスーパーに頼っている。 有難いもので、大抵のものはこれで揃ってしまう。 しかし、細かい部分ではドウシヨウという事態も若干ある。 これは家により、というか人によりけりだろうが私の場合タバコ吸いである。 タバコを吸わない人間に言わせ...

2012年2月10日金曜日

インフルエンザはプリオン?

インフルエンザが大流行してますね。 私自身ベーの発作が起こるパターンは、インフルエンザ(の類)がトリガになっているのでは?と思っており、徹底的にマークしなければならない厄介な存在となっております。 今年は香港A型でしたっけ? なんでも、インフルエンザは遺伝子を変異させて抗...

2012年2月9日木曜日

コーヒーブレイク

炎症が再び悪化したので、今週末の予定をキャンセルした。 へんに暇になってしまった。 今日は、まじめな内容をお休みして、コーヒーブレーク的に済ませましょう。 ”免疫 ゲーム”で検索すると、けっこう免疫をテーマとしたものがみつかる。 素晴らしい内容のものもあるが、私がはまっ...

2012年2月8日水曜日

体液性抗体

免疫細胞と違い、タンパク質(免疫グロブリン)の形で作用するものは体液性免疫と言われている。 いわゆる抗体と呼ばれるもので、図のようなY字形をしている。 上部の茶色の部分が抗原毎に可変になっていて、ここで抗原を捕捉することで無効化するわけだね。 ちなみにBCRというのは、B細...

2012年2月7日火曜日

白血球

今日は検診。 先々週の雪に続いて、今朝は真冬にしては珍しいドシャ降り。 気候も暖かかった。 担当医の方も「MDVさんの時はいつも天気が大荒れですね('ー')」ってほっとけや! こちとら、痛み止めの副作用でゲロ吐きそうじゃい!ってどんな啖呵だよ。 そんなわけで、行くところ...

2012年2月6日月曜日

サイトカイン

yahooの記事で、てんかん薬とその副作用をおこす体質について調査する、というものを見かけた。 *リンク切れだす。 オッと思ったのは、どうやって体質を調べるのかということだったのだが、例の HLA でした。 もう、踊りでているのですね。ヾ(^o^ )ゞ 今週は何かと用が...

2012年2月5日日曜日

ルッコラ

ささげ菜に続いて、未知なる葉物第二弾。 ルッコラなるものを食してみた。 一応、神奈川県産らしく理にも適っている。 イタリア料理にはなんでも合うらしく、サラダで食えるくらいだから大丈夫そうだ。 味がゴマのような味らしいというのが気になるが、まぁゴマがまずいわけじゃないし。...

2012年2月4日土曜日

蛇口水漏れ

まだ足が痛いのだが、母が水道の蛇口から水が垂れるというので見てみた。 昔と違い、今はシングルレバーというのですね。 なんかパッと見、シロウトが簡単にいじれそうにない。 ネットなどをみて、カートリッジを交換すれば直るらしい。 自分でできるか、ちょっとバラしてみた。 まず...

2012年2月3日金曜日

ベーチェット仮説

病院から電話があり、システムトラブルで診療代が重複していたので、次回に払い戻しするとのこと。 こんなこともあるんですね~。 そこのシステム構築したの○BMだと思うんですけどね~。ま、いっか。 さて、原因不明のベーチェット病であるが、これは自己免疫疾患であり、次のような仮説...

2012年2月2日木曜日

自然免疫系

免疫細胞あれこれ で、B細胞とかT細胞という後天的に免疫を獲得する細胞を紹介したが、これは適応免疫系というものに属すらしい。( 'д') 細胞分化による先天的な免疫細胞というものもあって、それが自然免疫系と呼ばれている。 今週頭に”好中球”なんて名前を知っとる、などといった...

2012年2月1日水曜日

HLA

HLA(Human Leukocyte Antigen)はもともと白血球の血液型と認識されていたが、どうやらほぼ全組織に存在する組織適合性抗原と呼ばれる分子であり、免疫と深く関わっている因子である。 といっても、つい最近病院で抗原内科の先生に教わったんですけどね。 遺伝子の...