2010年9月30日木曜日

予算線

前回出てきた、無差別曲線というもの、これが効用関数というモデリングそのものの幾何学的イメージであることはいいとして、予算線というものは何だろう? これは実は、ふたつの財における予算制約式そのものの幾何学的イメージなのである。 式で表したら、m=Px+Pyという感じか。 こ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

財に貴賎あり

経済モデルを考える際に、財の性質を考慮せねばならず、それはやっかいであることがわかった。 とりあえず、それをひとつの知己として先に進もうとすると、いつまでたっても経済モデルが出来上がらないことになる。 経済モデルがなければ、経済のメカニズムを説明することも、その正当性を検証...
このエントリーをはてなブックマークに追加

代替財

引き続き、効用についての補足事項を。 ここはなかなか手強い。というか、ここをちゃんと理解できてしまえば、もうミクロ経済学がわかりましたー、と言っても過言でないのかも。(保証はしません。) もう少しマトモな考察をするためには、財の相関というものを考えねばならないね。 それは...
このエントリーをはてなブックマークに追加

無差別曲線

さて、効用という概念の効用がいまひとつはっきりしないかと思うが、見切ってしまうのはまだ早い。 タバコという財はひとつでも、実際には中に20本とか入っていたりする。 そして、最初の一本を消費することによって得られる満足度より、二本目の消費によって得られる満足度は減少することが考...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月29日水曜日

政策コンテスト

セーフティネットなどの雇用対策と景気対策というものが、今政府に突きつけられている最重要課題であることは間違いないだろう。 うっかりしていたが、たまたまネットで政策コンテストという、各省庁の予算について民間からの意見を受け付ける仕組みがあることを知った。 私の場合は財務省のバナ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

効用関数

経済学において、物事の関係をあらわすための数式が頻出する、という話を前ふりしておいたが、前回の効用に関しても、それを表す関数というものがあるのでとりあげてみよう。 前回は話を単純にするため、財はひとつで効用はその財の個数と一致する、としたわけだが、これが車とおにぎりという財だと...
このエントリーをはてなブックマークに追加

効用

ケインズの理論が大恐慌のための処方箋であったのを見てきたが、これが万能の経済理論ではないことに注意したい。 それは、今のイギリスを見てもわかることで、「恐慌と不景気のどっちがマシなんだよ」というのはケインズに与えられた課題に対して正論なのである。 (もっともイギリスはその後、...
このエントリーをはてなブックマークに追加

国民所得決定モデル

「税金が40%だったら逃げ出すしかないだろ」 ビデオ・クリップで語られていた、元ローリング・ストーンズのベーシスト、ビルワイマンのコメントである。 基本的には音楽に関するインタビューであり、税金の話が出るのはいかにも場違いだったのだが。。 *40%というのは、ある一定額以上...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月28日火曜日

ケインズ

ケインズの動画がありました。 今の状況とあまりにもそっくりだ。 ただ、同じような状況の中から、社会主義国の勃興という歴史のダイナミズムと同時進行して対比をなしているのが興味深い。 うーん、今のイギリスにもケインズが必要か。 結局、時代はちっとも進歩してないのかもしれないな...
このエントリーをはてなブックマークに追加

ケインズ経済学

ケインズは有名な経済学者だが、その理論は大恐慌の原因を分析するためのものであった。 今と状況は似てるわけだね。 ケインズというのはマーシャルという人の弟子で、マーシャルさんは先の需要と供給の調節過程を追求した人だ。 で、ケインズはマクロ経済学の元祖とでもいうべき人だ。 ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

デフレスパイラル

インフレ、デフレというものが物の価格が上がったり、下がったりすることだというのはわかるが、デフレスパイラルというのはどういうこと?という疑問を持たれるかもしれない。 スパイラルというのはきりもみ状態とでもいうべきだろうか。 *渦巻きということでした。そういえば、経済ではそのよ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジョンは実現する

ここに興味深い話があるので、とりあげよう。 ちょうど牛丼のことを話題にしたばかりだが、その競争の渦中にあるゼンショーという会社の社長インタビューである。 http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100924/216369...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月27日月曜日

需要曲線と供給曲線

さて、今日のところはほとんど無駄話(?)に明け暮れたようなので、最後に正味の話をしておくかな? 図は需要曲線と供給曲線を表したもので、経済理論の基礎というのはこれに始まり終わる、と言っても過言ではない。 経済を知っている人にはゲンナリするほどお馴染みだし、知らん人には何のこ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

経済は理系なのか

具体的な話に入ってしまう前に、経済は理系なのか文系なのかということがしばしば話題になる。 アカデミックな世界においては、文系にカテゴライズされているのだが、今となってはそんなことはどうでもいいような気がする。 その本質が、文学でも数学でもないからだ。 (但し、まじめに突き詰...
このエントリーをはてなブックマークに追加

ミクロ経済学

さて、いささか地が足につかん感じになってきたので、経済学という世界での話に戻したい。 今週も?と思われるかもしれないが、私にとって意外にも経済学は見直すだけの価値はあるものかもしれない、という内なる変化が生じているのもあるし、近々のネタが特にないこともある。 (経済の重要性が...
このエントリーをはてなブックマークに追加

リバタリアン

先の番組で、リバタリアンなる言葉が出てきた。 なんだか、面白半分につけたネーミングのようで気色悪いが。。 リベラルという言葉なら、アメリカの政治に関してたびたび耳にするのではないだろうか? リベラルとは、言ってみれば自由主義と言っていいだろう。 その線でいくと、リバタリ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

社会哲学

今、NHKのハーバードの公開授業なのかな? 舞台は東京大学のようだったけど、まぁ社会的な哲学というようなテーマについて討論があったんだけど、非常に面白かったね。 (途中で眠ってしまったが(^^;) あ、この人だね。 http://www.nikkei.com/life/c...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月26日日曜日

マネーサプライの調整

マネーサプライのことが出てきたので、そこらへんのことを話そう。 通貨当局というものが、単純にお金を刷るだけの機能しかなければ、必然的にそれはインフレ、通貨の信用の下落という結果に結びつくことはおわかりかと思います。 そこで、通貨を吸い上げたり、吐き出したりという機能により、マ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月25日土曜日

金本位制後のマネーサプライ

現在の金本位制度からはずれた紙幣とその流通量との関係について考えてみてください。 ここに非常に本質的なところをついている動画がある。 作者はアメリカのようだが、制度の本質的な問題点に変わりはない。 (日本語訳者に感謝。) 目のあたりにしている現実というものには全て原因と...
このエントリーをはてなブックマークに追加

ベーシックインカム

ベーシックインカムという考えは、生きていることに対する基本給とでもいうものだ。 今まで、どこの国にも採用されてはいないが。 似ているのは年金だが、もちろんそれを受け取るには年金システムを支えたという実績あってのことだ。 政府による給付金を経験した今となっては、これはあり得な...
このエントリーをはてなブックマークに追加

エリオット波動理論

これはテクニカル分析の番外編とでもさせてもらうが、話として興味深いものにエリオット波動理論なるものがある。 これは数学のフィボナッチ数というものが、市場経済の世界に見出されるというものである。 フィボナッチ数とは、数列の隣り合った数の和が次の数になっているような数(列)のこ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月24日金曜日

DMI

チャートレをやった人なら、あるいは実際のトレードをしたことがある人なら売買したくともタマが無い!というジレンマを経験したに違いない。 もう少し、売買するタイミングを待てば良かった~、あるいは早ければ、と。 トレードの基本は下がった時に買い、上がったら売るということであろう。...
このエントリーをはてなブックマークに追加

RSI

ボリンジャーバンドのところで、値が中心に戻っていくというような考え方がベースにあることを示唆したが、このような考えは再帰理論と言って、テクニカル分析の基本思想として根底にあるもののような気がする。 歴史は繰り返す、というかね。 そういう意味では、端的に言うと上がったものは下...
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボリンジャーバンド

おー、昨日のバーチャルFXにちょうどテクニカルチャートなるものが付いてるから、それで説明しよっ。 さて、移動平均はわかったので、今度はその平均からのズレに着目してみよう。 これも統計の常套手段だよね、そう標準偏差などいう。。 そこで移動平均線±標準偏差という値の折れ線が考...
このエントリーをはてなブックマークに追加

移動平均線

お次もお馴染みだとは思うけど、過去データの平均値の折れ線が移動平均線だ。 データのスパンはいかようでもいいのだが、当然、長期スパンでは長期トレンドが、短期スパンでは短期トレンドが反映される。 これを組み合わせ、買いや売りのサインと見るのが、ゴールデンクロスやデッドクロスとい...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月23日木曜日

ローソク足(チャート)

また、例の汚ねー図で説明すると、チャートの意味っていうのは、これだけしかない。 簡単でしょ? ローソク足っていうのは、四角にヒゲが生えている様子がロウソクに似てるというだけのことね。 始めと終わりというのは、市場の取引の始めと終わりね。 (これはマーケットによって違うんだ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

テクニカル分析

話をまた戻しますが、ファンダメンタル分析というものが経済要因を探るという、きわめて経済学的なアプローチであるのに対し、テクニカル分析というものは経済活動に働く、普遍的な法則性を探るというアプローチであって、対比的な違いは見せているものの、決してシンメトリックな関係にはない。 ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

米ドル

そんなこんなで、米ドルと豪ドルの買い注文を出しました。 豪ドルは米ドル以上に証拠金不足が足枷となり、ほんのちょびっとしか数量ありませんけど。 まぁ、円を売りたいというモチベーションがあるわけではないので、ひとまずこれで良しとしましょう。 手数料ががっつりかかっているのをお...
このエントリーをはてなブックマークに追加

注文

さて、取引を行うには買い注文をマーケットに提示しなければ始まらない。 これが実際の米ドルの買い注文の画面だが、細かいことは私も知らない。 基本的のデフォルト設定のままとしたが、ユーザーが考えねばならないのは、レバレッジと数量だ。 レバレッジは必須のようで、その程度を選択...
このエントリーをはてなブックマークに追加

バーチャルFX

実際の為替取引を行わなくとも、通貨の取引とはどういうものなのかを擬似的に体験してみることはできる。(株式も同様) なので、理論のための理論でないほうが学習にはなるでしょう。 図はバーチャルFXというもので、登録さえすれば誰でも擬似的に500万円を運用するシミュレーションが体...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月22日水曜日

為替リスク

オーストラリアドルが高金利なら、皆なぜその外貨で預金しないのだろうか? これは、将来のインフレリスクというのもが金利に織り込まれているのだと考えるべきである。 結局、通貨などというものは、それ自体投資対象ではないので、為替取引というのは本質的にゼロ・サムゲームなのである。 ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

地検敗北

地検、完敗しましたね。 大阪地検と言えば、気になる動画が。。 もう、こんなのは公然の秘密とでもいうべきものだろうが、なかなか手の施しようがないんだよな。 口封じ逮捕、今回のケースはどうなんだ?? 検察が犯罪を犯した場合、チェックする機能が日本にない、というのはどういうこ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

CSR

今まで、経済のみの指標を見てきたわけだが、企業というものは法人格を有する市民であると考えられている。 そのような観点からして、「金さえ儲けりゃ良い企業」というのは人としてどうなの?という考え方は至極当然の成り行きである。 そこで、企業が社会的責任という観点から意思決定すると...
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業のファンダメンタルズ

図はパナソニックのアニュアル・レポート(年次決算書)で、財務諸表など経営指標を読むことができる。 企業のファンダメンタルズ(財務諸表)は 1.貸借対照表(BS) 2.損益計算書(PL) 3.キャッシュフロー計算書(CS) が主なもので、そこから図のROEなどの財務分析...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月21日火曜日

ファンダメンタルの例

図は日銀の金融経済月報から抜粋した、わが国の貿易収支のグラフである。 *リンクは切れました。 今までは気にもしなかったのだが、こうしてみると経済の実勢というものを露骨に反映していると言える。 これに比べれば、失業率とか有効求人倍率というものは将来への予測に基づいた指標とい...
このエントリーをはてなブックマークに追加

ファンダメンタルズ

ファンダメンタルズというのは、いささか広義の経済用語で、経済の基礎的な要因とでもいう意味になるかと思うのだが。 例えば、為替なんかでいうと、国際経済を安定させるための条件という意味合いで、GDPだとか失業率だとか経常収支(貿易収支)なんかがファンダメルズになるわけだけど、企業の...
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマなし?

我が家から近くにあったドンキホーテ相模原店が閉店した。 どうりで品物がスカスカだと思ったら、そういうことだったのか。。 ちなみにドンキ相模原店で9.11付けで正社員募集しとるぞ?? (きっと、そんな大事なことをスタッフにすら知らせないところなんでしょうね。) なんちゅうメ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月20日月曜日

福祉とたばこ

”必要”であることは明らかなのに、ビジネスにおいてはペイしないものの代表は福祉であろう。 だからこそ、国家がやらねばならないのだが、これは制度だけの小手先の問題だけでは済まない。 東洋経済誌のメインはそこらへんのことで、シンガポールでの各国の死の質という指標などの記事があった...
このエントリーをはてなブックマークに追加

水ビジネス

東洋経済誌で水ビジネスの特集をやっていた。 日本においては、そんなに大きな話題になることはないが、商社、プラント設備などが主なプレーヤーで、石油メジャーならぬ水メジャーなる表現をしていた。 スケールが小さい話のわけがない。 シンガポールなどは、もともと水不足から海水淡水化...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月18日土曜日

購買力平価

先日、アメリカが中国に対して「人民元は過小評価されている」、なる物言いをしていたが、これは購買力平価(Purchasing Power Parity)という考えに基づいているのだ。 なになに、ずっこけるほど簡単だから身構える話ではナイ! これは、同じものが乗せられているてん...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月17日金曜日

統括

そろそろ今週の締めに入らねば。 ちょっと、実際の出来事とリンクしてないので金利について話せなかったな。 実は、大不況時には金利操作の効果がない、ということが1930年の大恐慌時に経験的に証明されちゃっているんだよね。 それ以前は、ほとんど万能だと思われていたのに! 実際...
このエントリーをはてなブックマークに追加

変動相場制

さぁてと、話ちょっと戻しますかね。 為替相場(レート)というものが変動してしまうと、為替リスクというものが発生してしまうということを理解した。 これが変動相場制というものである。現在の形だね。 以前は、固定相場制でレートは一定だった。 このメリットは為替リスクがない、と...
このエントリーをはてなブックマークに追加

電子マネー

電子書籍といい、クーポン購入といい、ネットの世界に金(カネ)という経済活動の基本要素が絡んでくる、という至極当然の結果は重要である。 現在、ほとんどの電子マネーと称されている存在は、現実の通貨と1対1レートなのにも関らず、誰にでも受け取ってもらえる、という通貨の条件を満たして...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月16日木曜日

電子書籍

本当はね、金利の話だとかファンダメンタルズだとか。 あるでしょ?そういう経済用語が。そういうことを残りの時間で話そうかとも思ったんだけど、ちょっとだんだんブルーになっていくよな~、多分。 明るい材料がね~な~っていう感情は、何よりも勝るというかね。 なので、明るい材料かど...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月15日水曜日

為替介入

財務省・日銀が(為替)市場介入しましたね~。 なんか6年半ぶりなんだとか。 ブログでも、取り上げてはいましたが、オヤと思っちゃいました。 これは、牽制球なんだと思うね。所謂、投機筋に対する。 ちなみに各国と相談の上で行う介入が協調介入と呼ばれるものだが、今回は日本政府単...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月14日火曜日

ロビイスト

日本では、最近アメリカ並みにロビイスト活動が台頭してきているそうである。 はっきり言って、馬鹿じゃねーの?としか言いようがない。 きっと、それが優れた政治形態であるとでも思っているのだろう。 救いようがない。 それが、アメリカという国が世界から信用されなくなった元凶だと...
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本における能力格差

菅さんが大勝しましたね。 これで政治家の信用というものは首の皮一枚つながったのかな、と思う。 誰が、ということではなくね。 直後に日本円が買われたというのは、そういうことだよ。 外国というのは、実によく日本を見ている。そして、見えてもいる。 結局、自分達も通ってきた道っ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

少子化対策

子供のいない私にとっても、少子化が大問題であることは言うまでもない。 このままでは、日本が滅びるのは目に見えているからだ。 (もっとも国土に限りがあるので、生めよ、増えよ、地に満ちよ、というわけにもイカンと思うが。) これは杉並区長の動画だが、このように国政というものにキチ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

熱中症

昨日、野暮用を一気に片付けようと歩きまわっているうちに、どうやら、季節はずれの熱中症にかかってしまったようだ。 頭が痛くて、心臓がドキドキする。 しばらく安静にしてなければ。 それにしても、住民票を取るのにこんな難航するとは思わなかった。 なんでも、本人確認というのは、...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月13日月曜日

日本銀行

1ドルが84円になってるそうね。 これは”日本の通貨当局の市場介入による警戒感からドルが買い戻された”結果なんだそうだ。 だいぶ、ニュースというものが見えてきたでしょう? こうやって、水面下での経済戦争とでもいうのかな、国家レベルの攻防(?)というものがあるんですわ。 ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月12日日曜日

猿山の世界

フランスは今、年金制度改革を巡って激しいデモが起こっているらしい。 結局、これも財源の問題ね。 緊縮財政という段階での話だけれど。 日本でも、小沢さんなんか国債発行したくてウズウズしてるの見え見えでしょ? まぁ、政策も考えてることも違いはあるけれど、しょうがないなとは正直...
このエントリーをはてなブックマークに追加

外国語

楽天は、英語を社内用語としたことで話題になったようだが、けっこうこれを実行している会社は前からある。 20数年前なら、英語がしゃべれるということは一種のステータスというか、プラスの面があったわけだけれども(実際、私も片言の英語をしゃべったりしていたものだ)、今となっては英語出来...
このエントリーをはてなブックマークに追加

市場介入

私たちが暮らしの中で行う、経済活動。 そこに政府が介入する、ことなどということは経験していないはずだ。 消費税?まぁ、間接的には政府の財源に関りますけど、市場介入というのとは違うな~。 では、具体的に政府はどうやって市場介入しているのだろう? 為替のところで、相場が変わ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダー論

オバマ大統領は、前ブッシュ政権のヒデェ政策のとばっちりを受けて経済が弱体化したことを力説している。 まぁ、そうとう苦しい状況なのでしょうね。(自分の身がね。) ほらキツイ時に、本当の姿がよく出てるだろう? 実際、弱小球団をなんとかしてぇと泣き付かれる監督というのがいるもの...
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニホンオオカミ

一時期、アメリカはことあるごとに内需拡大要求というものを日本に突きつけてきたことは、その時代を生きてきた人間にとっては生々しく記憶されていることだろう。 自国のことならいざしらず、なぜ他国しかも日本という名指しなんだと思わなかった? 今までの知識だけで、少し考えてみて。 ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月11日土曜日

産業の空洞化

産業の空洞化というのは、昔から言われていたのだが、それは主にアメリカの状態を指す言葉だった。 為替のところで説明しきれなかったが、自国の通貨が強くなるというのは、輸出産業つまりその国の主要企業にとってマイナス要因になる、ということは理解できたかと思う。 そこで、輸出産業はこ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

わらしべ長者

むかし、むかし、ある所に正直者ですが、運の悪い男が住んでいました。 朝から晩まで、働けど働けど、貧乏で運がありませんでした。 ある日のこと、男は、飲まず食わずで、観音さまにお祈りしました。 すると、夕方暗くなった時、観音さんが目の前に現われ、こう言いました。 「あなたは...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月10日金曜日

為替

為替というもの、よく聞くけど実はピンときてないって人も結構いると思う。 そういう私も、海外と丁々発止とビジネスを行っているわけじゃないので、概念的なお話になっちゃうのだけれど。 例えば、日本で100ドルの商品を海外に売っているとしましょう。 これがドル建てというやつなんで...
このエントリーをはてなブックマークに追加

経営破たん

昨日、ダウンした分だけ、もう少し書いときますか。 日本振興銀行が経営破たんしたことがニュースになっているが、今時そんなものは驚くようなことじゃないと思っていたのだが、初のペイオフ発動ということにびっくりしているというかずっこけた。 ペイオフというのは払い戻しのことで、なんで...
このエントリーをはてなブックマークに追加

モラトリアム

あっという間に一週間過ぎちゃいましたけど、まぁ経済なんてもの、ほぼ20数年ぶりですかね、考えたというか意識したのは。 私にとって、経済ってなんかモラトリアムって言葉と切り離せないんだよね。 これ、支払い猶予みたいな経済用語でもあるんだけど、私にとっては”社会にとって何者でもな...
このエントリーをはてなブックマークに追加

基軸通貨と国力

ドルを保有している国はほとんど弱小国に集中しています。 なぜでしょうか? 自国の通貨が破綻した場合に、世界のどこでも通用する通貨を持っていたいからです。 このように世界にドルを必要とする人がいればいるほど、アメリカがいくらお札を刷ってもインフレは起こりにくくなります。 ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

インターバンク市場

インターバンク市場とは金融業者間の取引のことで、画面のようなものらしい。 (一般人は関れませんが。) 実際のところ、私はわかってませんけどね。 日々発生する過不足を調整するような取引として売買が行われているわけだね。 ちなみに一般の為替なんていうのは、これを参考にするよ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

神の見えざる手

アダム・スミスの有名な言葉「神の見えざる手」というものはご存知かと思います。 これが信心深い人の言葉として紹介されている、というのならまだしも、これがあたかも経済原理であるかのような扱いをされてることにはチョット笑ってしまう。 結局、人はあれこれ考えなくて済む都合のいい言葉...
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベラーズ・チェック

トラベラーズ・チェック(T/C)は、現金の代わりに使用できる旅行者用の小切手である。 海外旅行をした人なら使用した経験がある人も多いでしょう。 もっとも、今はカードがあれば不要なのかもしれないが。。 なぜ、そんなものを利用するかと言うと、これは紛失・盗難などに会った場合、...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月9日木曜日

機会損失

合格証書来たし、あとは申請するだけだね。 こういうの面倒くさくて嫌なんだけど。 ところで、お隣さんはご主人に先立たれてしまって、さぞかし侘しく暮らしていると思いきや。 世界中を飛び回り買い付けして、白金あたりでバンバン売りさばいているようだ。 まぁ、物品は何だか知らない...
このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜドルが基軸通貨なの?

気圧の関係なのか、昨日の夜からずっと頭が痛くてダウンしていた。 ちょっと、今日は休もうかと思ったけどもう治ったかな? な~んか、また夢見てたよな~。 まぁいいや、なんでしたっけ?経済!(ちょっと時差ぼけのような状態です) で、なぜお金が通貨としての機能を持ってるのか、と...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月8日水曜日

ブランド信仰

金持ちの間にブランド信仰なんてものはない、ということを信じない人は多い。 金持ちは大量のブランド品に囲まれていると思っている。 確かに、大量生産によるコストメリットが反映されている商品なら、そのとおりかもしれんが。。 いわゆる、コストパフォーマンスがスゴぶる悪い意味でのプ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

働くこととお金の関係

これからはネット社会だ。だからネットが商売になるぞ~。 これ、基本的にはアホの発想ですから。 (もちろん構造が変化することによるチャンス、ピンチといったものはあるでしょう。) ネット社会になれば、物流の価値が相対的に増すよな~などと考えられればその人には経営のセンスがある。...
このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、金という商品は通貨としての役目を果たしてきました。 通貨の役目を果たすということは、誰でも商品の引き換え品として受け取ってくれる商品、ということなのである。 そういう”誰でも受け取ってくれる商品”としての性質を考えてみれば、色々理由はあるでしょうが、例えばメロンという商...
このエントリーをはてなブックマークに追加

基軸通貨

アメリカドルは基軸通貨だから、いくら借金しても潰れないんじゃね~の? そう、思ってる人も結構いるんじゃないかな。 しかも、それはある程度、経済を知ってる人だよね。 じゃあ基軸通貨って何?と尋ねられてきちんと答えられる人いますか? これ、きちんと説明しようとしたら一冊の本...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月7日火曜日

国債の使い道

国債というのは国の借金であり、しないに越したことはない。 (というか、原則禁止である。) 但し、その用途によって性質が違ってくるということは理解しておいた方が良い。 例えば、借金を単に赤字分の補填に充てたとしたら、これは単なる借金。 これを赤字国債と言う。 そもそも財...
このエントリーをはてなブックマークに追加

5匹の子豚

ギリシャの財政破綻は大々的に報じられたので、記憶に新しいかと思います。 結局、ヨーロッパ(ユーロ圏)で最も優秀なドイツ中心で肩代わりするという結果になっています。 それでも、今尚ギリシャは年金受給開始年齢がドイツより若いそうです。 おかしな話ですよね。乞食貴族を支えるため過...
このエントリーをはてなブックマークに追加

緊縮財政

経済状況が悪化しているアメリカでは、更なる金融政策を実施するそうだ。 なんでも公的資金で、インフラ整備やるんですと。内需というやつである。 (入れ知恵の匂いがプンプンしますがね~。。) まるで、このブログを見られちゃったかなとも思える展開だが、まぁブログネタ的にはいい流れな...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月6日月曜日

本物の時代

エコポイントやらエコカー、エコキュートやらが日本におけるひとつのトレンドになって久しいが、これは環境問題と経済問題に対する処方箋という意味では大変優秀な発想、施策だと思う。 と言っても、私はこのようなものに踊らされたことは一度もない。 結局、シールを貼ってあるだけのように見え...
このエントリーをはてなブックマークに追加

景気とは何ぞや

今の世界の経済状況を俯瞰してみると、世界金融危機という状況からおそらく回復してきたのだろう、と言えるレベルのようだ。 なんだか、私の体調のようです(^^; (全身疾患だしな。) やはり、世界経済と連動してましたか。 イヤイヤ、それどころか私がダウンしたから世界経済が崩壊し...
このエントリーをはてなブックマークに追加

営業

営業というのは、どんな業種であっても要となるセクションである。 と言っても、普通の会社は”営業をする人”と”営業をしない人”に大別される。 それが組織というものではあるが、それは営業というものがモノを売る人だ(そして実際には何もしない人)という一種のプロトタイプから来ている誤...
このエントリーをはてなブックマークに追加

プチ仕事モード

以前、仕事をした関係の人がその後の状況(主に健康状態)を尋ねてきてくれた。 こんなご時勢に有難いことだと思う。 私にとっては、業務を引き継いでもらった人のその後が非常に気がかりだったのだが、無事収束した様子でホッとした。 私自身は取引先に迷惑がかかる可能性を考えると、フル...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月5日日曜日

賛美歌?

まだ、熱中症指数のガシェットがはずせないほど暑いけど、今のうちに歩きに外へ出たい。 以前のように10km歩いても平気ってな訳にはイカンだろうけど。。 歩くことは人間の基本だ。 走る必要はない。ただ普通に毎日歩きたい。 ところで、フランスの教会で「いつも何度でも」が歌わ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

国民総魅力

GNPとかGDPになぞらえたGNC(国民総魅力)という指標があるみたいですね。 なんか、かわいらしい指標で気に入りました。 日本はGNC大国を目指しましょうね。 あ、そう言えば、K-ONのマウスポインタというのがあったので、設定しちゃいました。 http://www.n...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月4日土曜日

ビタミンB2

どんなに気温が真夏並みでも、9月になるやいなや鳴き始める秋の虫。 不思議だ~。なんだか偉いやね。 ところで、唇がやたら荒れる。 それも下唇だけ。(唾液が汚いのか?目薬のせい?) 唇が荒れるというのは、なんか病気が原因の場合とビタミンB2不足というのがあるらしい。 ビタ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月3日金曜日

電工技能試験結果

今日は、電工技能試験の結果発表の日なんですね~。(しかし、長い。。) 試験の時のまま放置されているカバンから受験票の切れ端を取り出してネットで確認すると、ありました~。_(*゚∇゚)ノ 有難や~。 神奈川県知事へ免状交付申請せにゃならんのですね。 http://www.s...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月2日木曜日

移民

最近はドイツ、フランスなどヨーロッパ各地で移民が社会問題として深刻化しているようだ。 オランダは比較的早い時期から移民を受け容れてきた国で、格闘技が好きな人間ならオランダの選手にやけに黒人が多いことに気付いていただろう。 移民を受け容れる背景として、人件費の高騰があるのだろ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月1日水曜日

食品サンプル

食堂やレストラン等で見かける食品サンプル。 これ、日本独自のものだそうですね。 日本はビジネスの世界に心遣いを取り入れているのですね。 これこそ、もっとも合理的なビジネスモデルだと思います。 まぁ飲食店の場合だと、競争も激しいし、土地代も高いから、実際割のいいビジネスの...
このエントリーをはてなブックマークに追加

自律神経

熱中症は、クーラーに慣れた現代人の汗腺が退化して、体温を下げにくくなっていることが大きな要因であるという。 だから、汗をかくということも大事な習慣なんだね。 自律神経と呼ばれる、文字通り意思とは関係なく働いている神経には、交感神経系と副交感神経系があって、それぞれアドレナリ...
このエントリーをはてなブックマークに追加